ベトコンラーメン新京

新京もまた、県内に複数の暖簾分け店舗を持つ人気のラーメン店グループです。市内の主な店舗としては、中区にある名古屋伏見店、中村区の中村新京、守山区の守山新京があります。その他、県内数店舗、そして岐阜県、岡山県などにも展開されています。

歴史は古く、創業は1969年にまでさかのぼります。そして当時の先代店主が生み出したベトコンラーメンは、今なお看板メニューとして人気を博しています。これはベストコンディションラーメンの略となっており、にんにくやニラ、唐辛子といったスタミナ素材が豊富に使われた元気が出るラーメンであることから名づけられたそうです。そんなベトコンラーメンこそが、新京を語る上で欠かせない人気の1杯になっています。新京を訪れた際には、ぜひ注文してみてください。

新京が大きく知名度を上げたきっかけに、メディアで取り上げたことが挙げられます。グルメや観光情報を扱う雑誌や、有名なテレビ番組でもその魅力が紹介され、いまやラーメン好きにとって定番の店舗ともなっています。歴史やスタミナの詰まったベトコンラーメンを食べれば、きっとあなたも感動を覚えること必至です。ボリュームも満点なので、満足感も大いに期待できます。名古屋を訪れたら、ぜひ一度足を運んでみてください。

博多ラーメン鶴亀堂

鶴亀堂は、愛知県を中心に9店舗を展開する県民御用達の博多ラーメン店です。市内の店舗としては、緑区の緑神の倉店、天白区の天白平針店の2店舗があります。博多ラーメン名古屋でというのも少し違和感があるかもしれませんが、ご当地ラーメンの中でも人気が高い豚骨系スープは、愛知でも広く好まれています。また同店で扱っている豚骨ラーメンは一般的なものと異なり、少し特徴的な工夫も凝らされています。これこそが、人気の秘訣にしておすすめである理由といったところです。

まず、本場博多に負けじと超極細麺を採用しています。濃厚なスープをほどよく持ち上げ、なおかつ繊細な食感と小麦の香りがハイレベルに楽しめます。特に同店のものは小麦の含有率が高いため、香りが印象的です。ラーメン通は、麺そのものの味わいにも余念がありません。鶴亀堂なら、きっと玄人好みの満足度が楽しめることでしょう。

そしてもう一点忘れてはならないのが、豚骨のスープです。豚骨といえば、脂が大量に浮かんだこってり系に仕上げられることの多い種類ですが、同店に関しては違います。こってり感は抑えて、それ以上に豚骨成分を高密度に煮出したクリーミーな香りが印象的となっています。脂やこってりでごまかさない、腕が試されるタイプのスープといいましょうか。こちらもまた、注目ポイントといえるでしょう。

名古屋のラーメン店

名古屋は、東海地方愛知県に位置する大型都市です。日本三大都市圏のひとつに属しており、全国有数の人口でにぎわっています。また、繁華街が集中していることでも知られており、昼夜問わず盛り上がりが感じられる地域でもあります。交通面では地下鉄が発達しており、各所への移動に適しています。観光地はもちろん、豊富なラーメン店を巡る上でも重宝すること必至です。

名古屋は昨今、ラーメン店がにぎわいを見せています。名古屋といえば名古屋めしと呼ばれる特有の食文化で知られていますが、全国的に人気の高いラーメンに関しても充実した印象となっています。地下鉄車道駅・黒川駅・高畑駅・中村区役所駅など、多くの駅の近場エリアに店舗が点在しており、それこそ地下鉄沿線だけでも多くの名店に出会えます。ラーメン好きであれば、チェックしておいて損のない地域に感じられることでしょう。

今回特集したのは、そんな名古屋でも有数の人気を誇るラーメン店2店舗です。いずれのお店も、ラーメン通のツボをつく理想的な1杯から、独自の味わいを生み出したオリジナリティあふれるラーメンなど、印象的なメニューが取り揃えられています。

ラーメンは、元は日本に存在しなかった中国発祥の食文化です。しかしいまや、日本でも長年の探求に伴い大きく発達しており、独自の文化を築いているといっても過言ではありません。お店それぞれで違った味わいや感動を楽しめるので、ぜひ今回の2店舗もチェックしておいてください。